記念写真にはこんなポーズで!子どもを可愛く撮るコツ

このエントリーをはてなブックマークに追加 あとで読む

フィルムカメラでの失敗

今の若い人はフィルムを見たこともない人もおおいのではないでしょうか。
またフィルムを見ても何かわからない人もいるのではないでしょうか。
デジタルカメラがフィルムカメラにとって代わって久しいです。
だからフィルムを見てもこれが写真を写すのに使うものだとは想像がつかないかもしれません。
今の若い人は公衆電話が使えないといいます。
なぜなら生まれた時から携帯電話があってあたりまえだったからだ。
フィルムカメラには失敗がつき物であります。
よく保管していないと使い終わったフィルムなのか新しいフィルムなのかわからない事がありました。
一度新しいフィルムだと思って写して現像に出したあと出来上がった写真を見てそれがすでに使った事のあるフィルムだときづいたことがあります。
またフィルムが入っているのに入ってないと思ってカバーを空けてしまい取りかけのフィルムが無駄になる事もありました。
今から思えばフィルムや現像代、プリント代は結構な金額になりました。
写真というのはお金のかかる趣味でありました。
ところがデジタルカメラはフィルムがいらないし気に入った写真だけ現像すればいいのでかなり経済的であります。
家族の記念写真を撮るのも家庭用のデジカメでとることができます。
もちろんちゃんと現像して一冊のアルバムにした方が時間の流れがわかってわかりやすいです。
自宅で撮影するのも良いがプロのカメラマンによる出張撮影もあります。
いろいろなプランがあるようです。
どんなに家庭用のデジカメが高性能になったとしてもシャッターを切るのは人間なのでその完成が重要になってくるからプロが写した写真にはかなわないものであります。
普段はデジカメでパパが写したので十分だが一枚くらいは家族の記念写真があるといいです。
素晴らしい記念になります。
少数派かもしれないが写真が嫌いな人もいます。
絶対写りたくないというのであります。
それは被写体にどうしても自信がないのかもしれません。
しかし逆にいえば被写体としての自分に自信満々の人もそうはいないでありましょう。
ただ思い出を残すという意味でとることに意味があるのです。
写真写りがよいことに越した事はないが多少悪くても気にする必要はないです。
写真集をとっているのではないからです。
むしろ後から見ればその雰囲気や顔の表情に注目するものであります。
写真よりも動画派だという人もいるでありましょう。
ビデオでとるほうが良いというタイプです。
たしかにビデオを見るほうが面白い事は確かであります。
ただ編集をするのが大変です。
よほどのマニアでない限りビデオの編集は難しいです。
そして再び見ることも写真ほどないです。
Copyright (C)2017記念写真にはこんなポーズで!子どもを可愛く撮るコツ.All rights reserved.