記念写真にはこんなポーズで!子どもを可愛く撮るコツ

このエントリーをはてなブックマークに追加 あとで読む

赤ちゃんの撮影について

待望の赤ちゃんが誕生したら記念写真をと思うかもしれません。
お食い始めの時に記念にとる方もおられます。
赤ちゃんの撮影は赤ちゃんが機嫌のよい時に行うのがいちばんですがご予約の関係などでそうできないこともあります。
理想の撮影タイミングはお腹がすいていなくてなおかつおひるねも済ませたあとがいいようです。
赤ちゃんはなれない環境に緊張して泣き出す事もあるかもしれませんので見慣れたおもちゃなどを持参するといいかもしれません。
あかちゃんが万が一泣き出したらどうするとよいでしょうか。
泣き止ませるのにいろいろな方法がありますが、赤ちゃんは音にとても敏感です。
聞いたことがない音にすぐに反応します。
ある実験であかちゃんにおおかみの遠吠えをきかせたところほとんどのあかちゃんが泣き止みました。
あかちゃんの音に対する好奇心を利用して注意をそらすという原理です。
最近はあかちゃんを泣き止ませる専用の音源を集めたサイトもあるそうです。
まだなにもわからないと思ってもあかちゃんは全身を耳にしてたくさんの情報を吸収しています。
胎児の時から学習はすでにはじまっているのです。
三歳までで人生は決まるというくらい誕生後三年間は特に大切です。
しつけはある程度大きくなってからと思う人もいるかもしれません。
習い事は三歳を過ぎても遅くはありませんが、しつけは赤ちゃんの時から始めても早すぎるということはありません。
ある2歳になる女の子はすでに暴力を振るう傾向が現れていました。
それもそのはずで女の子の家庭では口げんかが日常茶飯事でした。
そういう環境にずっといること他の人に対する間違った接し方を学んでしまったのです。
一度インプットされた事を取り替えるのはかなり大変です。
子供専用のフォトスタジオで働いていたある人がわがままな子供の親はたいてい態度が悪くおりこうな子供の親は礼儀ただしく常識をわきまえているといっていました。
この親にしてこの子ありとはいいえて妙です。
フォトスタジオでは赤ちゃんの最高の笑顔を引き出すためにトレーニングを受けて経験をつんだ子供好きのスタッフが素敵な写真をとってくれます。
やはり素人にはかなわない技術です。
料金はそれぞれ異なり家庭での撮影よりも費用はかかりますが、すばらしい記念になることは間違いありません。
フォトスタジオにいくときはぜひあかちゃんのおきにいりグッズや赤ちゃん用お菓子また泣きやませ音を忘れずにもっていきましょう。
Copyright (C)2017記念写真にはこんなポーズで!子どもを可愛く撮るコツ.All rights reserved.