記念写真にはこんなポーズで!子どもを可愛く撮るコツ

このエントリーをはてなブックマークに追加 あとで読む

思い出の写真

紙製のアルバムに入ってある一枚の写真です。
そこには若い男性とはずかしそうな若い女性が写っていた。
2人の間には少し空間があいています。
その写真を見せてくれたのは写真に写っている女性本人でした。
唯一の記念写真だといます。
女性は写真に写っている男性のことが好きだったらしいです。
彼女は熱く思いを寄せる彼に思いを打ち明けずにはいられなかったです。
しかし残念な事に彼に断られてしまったのです。
それでも彼女はあきらめることができなかったのです。
なぜならまだ一抹の期待を抱いていたからです。
もっと熱烈にアタックすれば振り向いてもらえるかもしれない、そう思っていた。
そこまで熱烈に愛されたその男性は幸せものだと思う。
彼女はとてもきれいで明るいです。
だけど彼のタイプではなかったのです。
現実は厳しいです。
失恋は誰でも一度くらいは経験したことあるはずです。
好意を寄せる相手に拒絶されたときの悲しみは言葉では表すことができないです。
まして相手も自分のことを好きなのかもと少しは期待しているだけにショックは大きいです。
ブロークンハートとはこのことであります。
人の心は本当にわかりにくいものであります。
一見気があるように見えて全くそうではないのだから神様でないと人の心を読むことはできないです。
逆のこともありえます。
全く普通に接しているのに実は自分のことを好きだったということです。
何を考えているかわかりやすい人とそうでない人がいます。
まただれが誰と付き合っているかすぐに感づく人もいます。
もちろん鈍い人もいます。
好きな人に告白して断られてもツーショットの思い出の写真を捨てられないのは、まだあきらめられない、まだ好きだからです。
人をそこまで愛する事ができるのはある意味幸福であります。
恋愛感情がすべてではないが結婚するならこの人と心から思う人と結婚できたら最高です。
彼女は写真をときどき見るのかもしれません。
まるでアイドルに恋するような気持ちなのでしょうか。
手の届かない人に好意をよせることは期待がかなわない可能性が大きいです。
それでも好きなのです。
たった一枚の記念写真が彼女の支えなのかもしれません。
もしかして今頃はとっくにあの写真を処分しどこか別の素敵な人と結ばれているかもしれません。
彼女の幸せを心から願います。
以前に好きだった人や恋人の写真を思い出として大切にとっておく人もいれば今の恋人に見つかったら気まずいからと処分する人もいます。
過去の思い出に対する考え方はひとそれぞれなのです。
写真は過去の一部を切り取り見える形にして後に残します。
アルバムをめくるとあの時にタイムスリップします。
Copyright (C)2017記念写真にはこんなポーズで!子どもを可愛く撮るコツ.All rights reserved.